Arch manual pages

AMC-NOTE(1) Auto Multiple Choice AMC-NOTE(1)

AMC-note - AMC選択式試験問題の採点をする

auto-multiple-choice note --data project-data-dir [--seuil threshold] [--grain granularity] [--arrondi rounding] [--notemin min] [--notemax max] [--no-plafond | --plafond]

AMC-note.plコマンドはAMC-prepare(1)によってLaTeXソースファイルから取り出した採点基準とAMC-analyse(1)によって作成されたマーク認識データとから、各答案の得点を計算します。

--data project-data-dir

データファイルがあるディレクトリを指定します(AMC-meptex(1)などを参照してください)。

--seuil threshold

ボックスがマークされているかどうかを判定するための黒ピクセル比率の閾値を指定します。ボックスがマークされているかどうか判定する際、AMC-note.plは黒ピクセル比率(全ピクセル数に対する黒ピクセル数の割合)をthreshold(閾値)と比較します。黒ピクセル比率がthresholdよりも大きい場合、このボックスはマークされていると宣言されます。標準的な値は通常レイアウトで0.15、別紙答案用紙レイアウト(ボックス内に文字が記入されており、受験者にはボックスを完全に塗りつぶすよう指示する)で0.5程度です。

--seuil-up upper_threshold

これ以上黒ピクセル比率が上がるとボックスがマークされていないと判定する上限の閾値を指定します。この値を(例えば)0.6に設定すると、受験者はボックスを完全に塗りつぶすことで、マークをキャンセルすることができます。つまり、黒ピクセル比率がthresholdupper_thresholdの間にあればボックスはマークされているとみなされ、(完全に塗りつぶして)upper_thresholdを越えればマークされていないとみなされます。デフォルト値は1.0で、したがってこの機能は無効になっています。

--grain granularity --arrondi rounding

得点がgranularityの倍数になるように丸めます。roundingが「i」なら、(floor(3)がするように)切り捨てます。roundingが「n」なら、近い方に丸めます。roundingが「s」なら、(ceil(3)がするように)切り上げます。例えば、「--grain 0.25 --arrondi s」というオプションを指定したとき、6.285という得点は6.5に丸められます。

--notemin min

このオプションを用いると、min未満の得点はすべてminに置換されます。

--notemax max

全問正解の答案に与える満点を指定します。これを用いなければ、得点は素点のままです。

--plafond

このオプションを用いると、maxを越える得点はすべてmaxに置換されます。

--debug file.log

デバッグ情報を記録するファイルを指定します。

--postcorrect-student s --postcorrect-copy c

受験番号と試験問題番号で指定された答案を用いて採点時正解提示を指示します。採点時正解提示モードでは、LaTeXソースファイルからではなく、この答案で指定された解答から正解を取り出します。

Bienvenüe Alexis[FAMILY Given] <paamc@passoire.fr>
主な著者

Sarkar Anirvan[FAMILY Given]

著者・編集者

Kagotani Hiroto[FAMILY Given]

編集者

Bréal Frédéric[FAMILY Given]

著者・編集者

Bérard Jean[FAMILY Given]

フランス語版から英語版への翻訳

Khaznadar Georges[FAMILY Given]

フランス語版から英語版への翻訳

Kagotani Hiroto[FAMILY Given]

英語版から日本語版への翻訳

製作著作 © 2008-2018 Alexis Bienvenüe

この文書はGNU一般公衆利用許諾書バージョン2またはそれ以降に従って利用することができます。

2018-12-29 Auto Multiple Choice 1.4.0