Arch manual pages

AMC-PREPARE(1) Auto Multiple Choice AMC-PREPARE(1)

AMC-prepare - LaTeXソースファイルから作業文書を作成する

auto-multiple-choice prepare --mode s --prefix project-dir mcq-source-file

auto-multiple-choice prepare --mode b --data project-data-dir mcq-source-file

AMC-prepare.plコマンドは、選択式試験問題を記述したソースファイルから作業文書を生成します。抽出される情報は--mode引数の値によります。どちらのモードでもソースファイル名は引数として指定しなければなりません。

•「--mode s」を用いると、AMC-prepare.plは、試験問題ファイル(印刷して受験者に配布する試験問題用紙)、模範解答ファイル(正解をマークした答案用紙1部)、位置情報ファイル(ページ上のボックスの位置に関する情報を含んだファイル)を作成します。以下の引数が使用可能です:

--out-sujet subject.pdf

作成する試験問題ファイル名を設定します。

--out-corrige corrected.pdf

作成する模範解答ファイル名を設定します。

--out-calage calage.xy

作成する位置情報ファイル名を設定します。

--prefix directory

上の三つのオプションで使用されていないものがあるときは、このディレクトリが必要になります。そしてそれらのデフォルト値はdirectory/sujet.pdf、directory/corrige.pdf、directory/calage.xyとなります。

•「--mode b」を用いると、AMC-prepare.plは、ソースファイルから採点基準を抽出します。このモードでは、--dataオプション(下記参照)を使用しなければなりません。

以下のオプション引数はどのモードでも使用できます:

--with latex-engine

使用するLaTeXエンジン(コマンド)を指定します。latex-engineは例えばpdflatexxelatexとなります。

--filter filter

選択式試験問題のソースファイルをLaTeXファイルに変換するフィルター名を設定します。組込みのフィルターはlatex(何も変換しない)とplain(AMC-TXTソース)です。

--filtered-source mcq-latex-file

指定したフィルターを用いてソースファイルから作成するLaTeXファイル名を指定します。省略した場合、mcq-source-fileに_filtered.texを付け足して得られたファイル名が使用されます。

--n-copies n

生成する試験問題の部数を設定し、LaTeXソースファイル(\onecopyの最初の引数)で指定した部数を上書きします。

--debug file.log

デバッグ情報を記録するファイルを指定します。

--epoch EPOCH

日付(1970年1月1日以降の秒数)を指定して、PDFを何度生成しても同一結果になるようにします。

--data project-data-dir

SQLiteデータファイルを格納するディレクトリを設定します。

Bienvenüe Alexis[FAMILY Given] <paamc@passoire.fr>
主な著者

Sarkar Anirvan[FAMILY Given]

著者・編集者

Kagotani Hiroto[FAMILY Given]

編集者

Bréal Frédéric[FAMILY Given]

著者・編集者

Bérard Jean[FAMILY Given]

フランス語版から英語版への翻訳

Khaznadar Georges[FAMILY Given]

フランス語版から英語版への翻訳

Kagotani Hiroto[FAMILY Given]

英語版から日本語版への翻訳

製作著作 © 2008-2018 Alexis Bienvenüe

この文書はGNU一般公衆利用許諾書バージョン2またはそれ以降に従って利用することができます。

2018-12-29 Auto Multiple Choice 1.4.0