Arch manual pages

EBOOK-POLISH(1) calibre EBOOK-POLISH(1)

ebook-polish - ebook-polish

ebook-polish [options] input_file [output_file]


本の最適化(polishing) とは、要するにあなたが端正こめて作成した電子書籍を、ぴかぴかに磨き上げることです。 本の最適化は、あなたの電子書籍への変更を最小限にとどめるよう動作します。本の変換と異なり、CSSのフラット化、ファイル名の変更、フォントサイズの変更、余白の調整等を、行いません。求められる効果に対して、最小限の変更のみを行います。

本の最適化は、本の作成プロセスの最終段階で使用すべきものです。

本の最適化は、AZW3 or EPUB フォーマットに対してのみ動作することに留意してください。

スペースを含む引数を ebook-polish に渡す場合には、クォーテーションマークでくくってください。例: "/some path/with spaces"

--compress-images, -i
書籍中の画像を可逆圧縮し、画像の品質を損なうことなく ファイルサイズを減らします。

--cover, -c
表紙画像へのパス。電子書籍で指定されている表紙を変更します。表紙がない場合や正しく識別されていない場合は、新しい表紙を挿入してください。

--embed-fonts, -e
ドキュメントから参照されているフォントで、まだ埋め込まれていない フォントをすべて埋め込みます。コンピュータをスキャンしてフォントを探し、 見つかった場合はそれをドキュメントに埋め込みます。 ドキュメントにフォントを埋め込むための、適切なライセンスを所有していることを確認してください。

--help, -h
このヘルプメッセージを表示して終了

--jacket, -j
タイトル、タグ、著者、シリーズ、コメントなど、すべての書誌情報を含む「本のジャケット」ページを、本の最初に挿入します。以前のジャケットがあれば、置き換えられます。

--opf, -o
OPFファイルへのパス。本の書誌情報はOPFファイルの内容で更新されます。

--remove-jacket
以前挿入した「本のジャケット」ページを削除します。

--remove-unused-css, -u
使用されていないCSSルールをスタイルシートと<style> tags.タグから削除します。テンプレートから作成された本のような場合、使われていないCSSルールが大量にあることがあります。そのような不要なルールは、すべてパースする必要があるため、リーダの動作を遅くする場合があります。

--smarten-punctuation, -p
プレーンテキストのダッシュ、省略記号、引用符、連続するハイフンなどを、 タイポグラフィー的に正しいとされる同等物に変換します。 変換のアルゴリズムは、時々間違った結果を生成するので注意してください。 特にシングルクォートが短縮形の単語の先頭にくるものを含んでいる場合、注意が必要です。

--subset-fonts, -f
フォントのサブセット化とは、埋め込みフォントを実際に本の中で 使用されている文字だけを含むようにすることです。これにより、 フォントのサイズを大きく削減することができます(半分になることもよくあります)。 例えば本が見出しに特定のフォントを使用していた場合、サブセット化により 実際に見出しで使用されている文字のみを含むよう削減することができます。 また、太字やイタリックのフォントを埋め込んでいるもののほとんど またはまったく使われていない場合、サブセット化により太字やイタリックの フォントををほんの数文字だけにしたり完全に削除したりできます。 サブセット化の唯一の欠点は、後で本にテキストを追加した場合に、追加したテキストがサブセット化されたフォントに含まれていない文字を使うことがあり得る、と言う点です。

--upgrade-book, -U
Upgrade the internal structures of the book, if possible. For instance, upgrades EPUB 2 books to EPUB 3 books.

--verbose
より多くのメッセージを出力します。デバッグに便利です。

--version
プログラムのバージョン番号を表示して終了

Kovid Goyal

Kovid Goyal
11月 08, 2019 4.3.0